視力の回復

必要とされる医師の技量

メガネやコンタクトレンズといった煩わしいものから開放されるということで、
裸眼での生活にあこがれている人にとっては、まさに夢のような医療技術であるレーシックです。
ここ近年はレーシック手術を受けられるクリニックの数も飛躍的に増えてきたように感じます。

レーシック手術が日本に到来して正式に医療行為として認可されたのは2000年からです。
まだその歴史は浅い医療技術にはなりますが、このレーシック手術を行う上で医師に必要なものは、
意外にも医師免許だけということを多くの人は知らないという事実があります。

つまり、極端な話、レーシックに使う機器さえあればどんなクリニックであっても、
例え眼科でなくても患者が希望すればレーシック手術を施すことができるということになります。
よくよくこのことを考えてみると少し怖い気がします。

レーシックの歴史はまだまだ日本では浅いという話をしました。
今ではレーシックを扱う病院が多少出てきましたが、
レーシックの専門医師がいる病院やクリニックの割合を見てみるとそこからさらに少なくなります。

そこで大事になることは、手術を行う医師の経験や専門知識がどれほどあるのか――ということです。
医師の経験や専門知識が患者にとっては大切な確認ポイントになります。

もしも、レーシック手術を検討しているのであれば、クチコミや医師の経歴などをしっかりと確認して、手術を申し込むようにしましょう。

Copyright(C) 2013 安全な手術 All Rights Reserved.