視力の回復

ドライアイでもレーシックは受けられる?

2000年に専用機器の使用が認められ、日本でも普及し始めたのが視力回復手術のレーシック技術です。
このレーシック手術を行うためには、事前のレーシック適性検査を受けることが必要になります。
適性検査では、自分の目の性質や角膜のコンディションが手術に適しているかどうかを判断します。

この事前の適正検査は、ほとんどのクリニックで無料で受けることができるのですが、
しっかりとした実績のある専門クリニックや病院で検査を受けるということが非常に大切です。

これは、とあるレーシック手術後の症例です。
ドライアイぎみの患者さんがレーシック手術を受けたあとで、ドライアイの状態が酷くなったということがありました。

手術を受けた病院に相談したところ、目薬の処方だけで様子を見て欲しいと言われました。
そこで様子をみていたのですが、一向に回復しないため違うクリニックを受診し、セカンドオピニオンを受けました。
その結果、目を保護するための涙がうまく出ない状態になっている症状が発覚したのです。
そのクリニックで適切な処置をしてもらうことで事なきを得ました。

このように、仮にドライアイを持っていたとしても、経験の豊富な専門家がいるところで受診することで、
アフターケアも適切に受けることができます。
そこで、レーシック手術を受ける際は、専門医がいることが非常に大切になってきます。
こちらにもレーシックを受けることができる人の条件が載っていますので、参考にしてみてください。

Copyright(C) 2013 安全な手術 All Rights Reserved.