視力の回復

遠視はレーシックで治るの?

視力の問題は日常生活の中で様々なトラブルを引き起こします。
そこで、視力の悪い人はメガネをかけたりコンタクトレンズをしたりして、何らかの対策を行うのが一般的な方法です。

しかし、一口に視力が悪いといっても、人によって、いわゆる「近視」なのか、
焦点があいにくい「乱視」なのか、また近くが見えにくい「遠視」なのか――とその症状もそれぞれです。

最近、多くの著名人が受けたことでも有名になったレーシック手術です。
このレーシック手術を受ければ、術後数時間から遅くとも翌日までには何らかの回復実感を得られると言われています。
ですから、レーシック手術の効果や即効性は非常に高いと評価されています。

一般的に「目が悪い」というと多くの場合は「近視」のことを指していることが多いと思います。
基本的にはレーシックで近視の回復は期待できます。
また、近視と併せて乱視になっている人も多いと思いますが、この乱視についてもレーシックでの回復効果が見込めます。

では遠視はどうなのかというと、理論的には遠視に対してもレーシックは有効だと言われています。

遠視の症状は簡単にいうと近視の真逆の症状で、近くが見えにくいということになりますが、
近視にしても遠視にしても目の屈折の異常が原因ですので、レーシックが有効だと言われています。

Copyright(C) 2013 安全な手術 All Rights Reserved.