視力の回復

不同視もレーシックで回復できる?

いくつかの適正検査を受けて目のコンディションや角膜の厚さが一定基準を満たしていれば、
だいたいの人が受けることができる最新医療である視力回復手術のレーシックです。
レーシックは、近視、遠視、乱視などいろいろな症状に有効だといわれています。

もともとアメリカの医療業界で普及し、国内での正式な手術許可がおりたのが2000年。
医療の分野ではまだ比較的歴史の浅い分野ということで未知の部分も多く、世間には理解されていないことが数多く存在します。

そのような最新医療技術のレーシック手術ですが、「不同視」にも回復改善効果があると言われています。
そこで、長年「不同視」の症状に悩まされていた人の中にもレーシックを受ける人が増えてきたとも言われています。

「不同視」とは左右の目の視力が極端に異なる場合のことを指します。
今まではメガネやコンタクトレンズの矯正度合いを左右で変えることで対応していたという現状がありました。

しかし、これらのような対処法の場合、左右に違ったレンズの負担がかかることで頭痛の原因となったり、
距離感がつかみにくいことから車などの運転に支障が出るケースが見られました。

レーシックは、「不同視」にも効果的だと言われていますので、今後ますます手術を受ける人が増えることでしょう。

病気の予防や改善にはプロポリスhttp://xn--zckzcsa6cn.name/06.htmlが効果的です。

Copyright(C) 2013 安全な手術 All Rights Reserved.