視力の回復

日本と海外のレーシック比較

一度の手術で劇的に視力が回復するということですっかり有名になった最新医療技術のレーシック手術です。
もともとはアメリカで広まった後で日本に来たという経緯もあってか、まだまだ国内での事例は多くないというところが現状です。

ところで、今や誰もが一度は聞いたことがあるレーシックが日本に広まったのはいつからなのでしょうか?

国内でのレーシックの歴史は2000年に始まりました。
でも、これは厳密には2000年にレーシック手術で使用する専門の機器の使用が厚生労働省で認められたということを指しています。

レーシックで使用する専用のエキシマレーザーという機器が認可されてからは、
医師免許があればどんな眼科医でも手術を行うことができるようになりました。
それが、現在のように各地にレーシックのクリニックが現れることに繋がったという背景があります。

一方、本家アメリカのレーシック事情はどうなっているのかというと、
費用の面では日本よりも若干安い設定になっているところが多いようです。

これは、レーシックの普及度の違いと直結しているということや、
専門スキルをもった医師の数が日本より多いため、クリニック同士の価格競争が発生していることが原因なのかもしれません。

Copyright(C) 2013 安全な手術 All Rights Reserved.