視力の回復

レーシックの過矯正について知っておこう

メガネやコンタクトレンズは、今や現代人にとってはなくてはならない存在となりました。
その必需品であるメガネやコンタクトレンズを手放すことができる方法として、近年大きな話題となっている新しい医療技術がレーシック手術です。

このレーシック手術は角膜に対して直接手術を行うことで、いままで難しいとされていた視力回復を実現することに成功しました。

しかし、まだまだ日本では先端医療としての位置づけが大きく、いまだに分かっていない部分もあります。
レーシックを受ける場合には、メリットと同じくらいデメリットについても考えておく必要があるとされています。

レーシック手術のリスクとして挙げられるものに「過矯正」があります。
この過矯正は、読んで字のごとく過剰に矯正してしまうということですが、視力を過剰に矯正するとはどういうことなのでしょう?

一般的に視力は1.5や0.7といった数字でその値を測定するものですが、術後の視力が2.0以上になることを「過矯正」と言います。

一見、視力はよいに越したことはないと思いがちですが、実は過度にいいのも何かと支障が出ます。
そこで、あまり良くないことだと言われています。

特に日ごろから近くを見ることの多い仕事に就いている人は注意です。
そんな人が過矯正になってしまうと、「めまい」や「体のコリ」が起こる可能性があるという指摘がなされています。
レーシックのその他の危険性についてはこちらhttp://www.aerconditionatieftin.com/kiwotukete.html

Copyright(C) 2013 安全な手術 All Rights Reserved.