視力の回復

検査と手術の流れを知っておこう

手術後から間をおかずに視力回復の実感を得ることができる――という即効性が非常に評価されているレーシック手術です。
実際にレーシック手術を受けるためにはいくつかの過程を経る必要があります。

まず、レーシックを受けるためには自分の目がレーシック手術に適しているかどうかという適正検査を受けなければなりません。
この適性検査は、ほとんどのレーシックを行うクリニックで受けることができ、その際の費用はかからないところが多いようです。

適正検査の具体的な内容は、まずは一般的な視力検査から始まり、角膜の状態がレーシックに向いているかどうかという確認や、
眼圧を調べて緑内障の疑いがないかどうか――などのチェックを行います。

こういった事前検査に無事通過した後は実際のレーシック手術を受けることになります。
しかし、事前検査を受けた日には手術することができず、検査のときに手術日の調整を行います。

検査日から手術日までの日数に規定はありませんが、
注意点として、手術を受ける前の数日間はコンタクトレンズの着用は控えたほうが良いとされています。

そしていよいよ、手術の当時の流れは、まず目薬を使い麻酔をかけて角膜を加工しフラップと呼ばれるコーティングを作ります。
また、気になる方は多いと思いますが、レーシック手術は出血する心配はありません。

その後エキシマレーザーという特殊な機器を使って角膜の形状を変え、
最後にコーティングをかぶせて消毒を行い、一連の手術が終了となります。
目の手術ということで手術後のアイメイク方法について女性は気になるのではないでしょうか?
http://www.order-cigarettes-online.com/eyemake.htmlに詳しくかいてありますのでご覧ください。

Copyright(C) 2013 安全な手術 All Rights Reserved.