視力の回復

近視予防にレーシックは使えますか?

視力の低下は、日常生活に大きく影響してくる問題です。
そこで、普段から視力の悪い人やメガネやコンタクトレンズを常用している人は、
日ごろから何かしらのストレスを抱えていることだと思います。

最新の医療技術のレーシック手術は、2000年に正式に厚生労働省でレーシックに使う機器の使用許可が下りてから急激に国内に広まりました。
とりわけその回復力の中でも即効性が注目をあびて多くの人が現在までに手術を受け、その人気は高まってきています。

レーシックによる回復度合いは人によって若干の差はあるようですが、裸眼で概ね1.0以上に回復するとうことで、
今までメガネやコンタクトレンズを使い続けていた人にとっては、まさに夢のような世界といっても過言ではないのではないでしょうか。

多くの人が実際に手術を受けてきたとはいえ、まだまだレーシック手術は未知の部分や理解されていないところが多いのです。
そこで、手術を検討している人から、いろいろな疑問が日々挙がっているようです。

なかでもよく耳にするものが「レーシックは近視を予防できるのか?」というものです。
専門家の意見によると、レーシックは今現在の角膜の状態を矯正して適正な視力が得られる手術のため、
将来的な近視に対しては予防効果は期待できないそうです。

Copyright(C) 2013 安全な手術 All Rights Reserved.