視力の回復

手術の効果を維持するために気をつけること

視力回復と聞いて、一昔前であれば目に良い食事を習慣化したり、視力回復に効果がある栄養素を摂取するなど、
そういった身体の内側からの働きかけが思いつくところの主だったものでした。
時代が変わって現在は迷わず「レーシック手術を受けること」と、
多くの人がそう答えるぐらいレーシック手術に対する世間の認識とその効果の評価が広まってきました。

一度の手術をするだけで、早ければ数時間後には裸眼の視力が急激に回復するというがレーシックの特徴です。
また、最大のメリットですが、手術を受けた後でその効果を維持するために気をつけることはどんなことなのでしょうか?

まず、第一に行う必要があることは「目の衛生状態を清潔に保つ」ということです。
レーシック手術を受けるといくつかのアフターケア用品が処方されます。

手術当日には小まめな間隔で術後の目を保護するために目薬をさし、専用の保護メガネ着用することを推奨されます。

また、しばらくは寝ているときに目が傷つかないように眼帯をして眠る必要があります。
さらに、一定間隔での経過観測のため、通院をすることが必要になります。

この定期健診時に異常があれば適宜症状に対しての治療などが行われます。

レーシックは時間もあまりかからないということから、
簡単な手術というイメージをもたれがちですが、敏感な角膜に対して手術を行うものという認識を忘れないことが肝心です。
また、レーシック手術後のアフターケアは怠らないようにしましょう。

Copyright(C) 2013 安全な手術 All Rights Reserved.