視力の回復

レーザーを使わないレーシックって存在しますか?

手術を受ければメガネやコンタクトがいらないことで、非常に利便性の高い医療技術として有名になったレーシック手術です。
でも、実際に自分の目を手術するとなると、やはり不安に感じてしまう人が多くいると思います。

メガネやコンタクトレンズから開放された生活を送りたいと考えるのは、皆一緒です。
レーザーを使わずに視力回復ができないものかと思っている人に、最近注目されている手術方法が「フェイキックIOL」と呼ばれる視力回復方法です。

この「フェイキックIOL」は、人工的に作ったレンズを目に埋め込んで徐々に視力を矯正していく医療手術です。
レーシックでのレーザー治療に抵抗感をもっている人や、角膜の厚さがレーシック手術に適していない人に向いていると言われています。
同じく角膜が薄い人が受けられるものにエピーレーシックというものもあります。

「フェイキックIOL」は、エキシマレーザーの代替手法として最近は手術を受ける人が増えてきているようです。

また、「フェイキックIOL」の利点は、夜間視力障害やハロ・グレアと呼ばれる光が変形して見える症状が起こりにくいという点です。
通常のレーシック手術で稀に起こるといわれている後遺症なので、レーシック手術に対して不安を感じている人には人気がある手術です。

ただしレーシックに比べてコストがかかるため、手術を検討している場合には慎重に考慮する必要があります。
また、通常のレーシックより精度の高いアイデザインレーシックというものもあるそうです。
どの手術の後にも言えることなのですが、術後すぐの運転やプールなどは控えたほうが良いとhttp://www.salmonfestival.net/12.htmlにかいてありました。

Copyright(C) 2013 安全な手術 All Rights Reserved.