視力の回復

レーシックのメリットとデメリット

目が悪いというと今まではメガネやコンタクトレンズを使用することがほとんどでした。
しかし、ここ最近は新たな視力回復方法のひとつとしてレーシック手術なるものが注目されています。

このレーシック手術は2000年から日本の厚生労働省の認可が下り、専門のクリニックで手術が受けられるようになりました。
でも、まだ解禁されてから十分なデータがそろっていないということもあります。
手術を検討している人はレーシックを受ける前に、メリットとデメリットについて熟知しておく必要があります。

まず、レーシックのメリットとしては、非常に高い即効性があることです。
早い人で、手術をして数時間後には効果が表れるという利点があります。
また、レーシック手術は成功率が非常に高いという安全性の安心感もメリットだといえるでしょう。
また、メガネをかけることで発症する体の「こり」や
コンタクトによるランニングコストや維持費から開放されるという点も大きなメリットの一つです。

そして、何といっても最大の恩恵はhttp://www.software2have.com/lasikmelit.htmlにもかいてあるように裸眼で生活できるという一点にレーシックのメリットは集約されているのではないでしょうか。

これに対しデメリットとしては、初期費用としてある程度まとまった金額がかかるということや、
術後の経年リスクなどのデータが少ないため、安全性の面で慎重に考えなくてはならないという点が挙げられます。
http://www.sppd.org/15.htmlのサイトでもメリット・デメリットがいくつか挙げられています。
これから手術を考えている方は、メリット・デメリットをよく理解したうえで検討しましょう。
                                

Copyright(C) 2013 安全な手術 All Rights Reserved.