視力の回復

レーシック難民ってどんな人?

2000年から正式に日本でも医療行為として認められ広まり始めたレーシックです。
その高い視力回復の度合いや即効性が大きく取り上げられ、スポーツ選手や有名人のなかにもレーシックを受ける人がどんどん現れるようになりました。

レーシック手術を簡単に説明すると、特殊な機器をつかって目の角膜の形状を変化させ、屈折率を変える手術のことです。
しかし、実際にレーシック手術を受けた人の経年後のデータが少ないということもあり、
合併症やアフターケアの面での安全性が100%保証されているとはいえない状況ではあります。

そんな未知の部分があるレーシック手術に対し、その問題点を指摘したとある言葉が向けられるようになりました。

それは、「レーシック難民」という言葉です。

このレーシック難民という言葉の意味は、レーシック手術を受けた人が稀に原因不明の合併症にさいなまれ、
具体的な効き目のある治療ができずに、その症状を抱えたまま日常生活を送らなければならなくなった状態のことです。

レーシック手術後の合併症として主だったものは、視力が過剰に回復しすぎてしまう「過矯正」と呼ばれるもの、
ハロやグレアと呼ばれる暗いところで光を見るとぼやけてしまう現象などです。
レーシックを受けた人の体験談は、こちらを参考にしてみてください。

Copyright(C) 2013 安全な手術 All Rights Reserved.