視力の回復

レーシックに危険性はないの?

レーシック手術は、斬新的な手法で今までの技術では現実化が難しかったことが実現したということで話題となりました。
現在では多くの人が利用している視力回復手段の一つですが、そのメリットの裏には全く危険性がないといえるのでしょうか?

レーシック手術は2000年に初めて日本での医療行為としての許可が下りたばかりのまだまだ新しい分野の手術です。
そのため、レーシックを施術後の経年リスクに関しての十分なデータがそろっていないという現状があります。

そこで、いくつかのリスクの可能性の懸念があります。
レーシックを検討する際には、そのリスクも理解しておくことが後になって起こるトラブルを事前に避ける最良の方法です。

まずレーシックの危険性としてよく話題にされるものがhttp://www.hollisterabercrombie.com/tora.htmlでも紹介されているように、「ハロ」や「グレア」といった症状が出る可能性があるという点です。
「ハロ」も「グレア」もともに暗いところにある光に対して起こる症状で、光の周りがぼやけて見えたりするのが特徴です。

その他には、「ドライアイ」になりやすくなることも挙げられます。
また、レーシックで矯正した視力が、ある日突然手術を受ける前の視力程度に悪くなるという現象が起こることがあります。
これを「リグレッション」と言いますが、その可能性もあると言われています。
その他の失敗したときの症状はhttp://www.bardtix.org/mistake.htmlに載っています。

そして、手術に対する適応性の部分の話をしますと、
角膜がもともと薄い人の場合は視力低下のリスクや手術上の問題があるために、レーシックを受けられない場合があるとされています。
また、不安な場合はレーシック専門眼科 を探してみると良いでしょう。

Copyright(C) 2013 安全な手術 All Rights Reserved.