視力の回復

レーシックは再手術もできる?

一度の手術で今までメガネやコンタクトレンズに頼っていた視力が大幅に回復する――
という昔では考えられなかった医療技術のレーシックです。
とはいえ、日本にその技術が渡ってきてから、まだ十分な時間が経ったとはいえない状況ではあります。

どんなに優れた医療技術であったとしても、その後の経過をしっかりと見ていく必要があります。
そこで、100%安全と言い切るには、レーシック手術においてはもう少し時間がかかると言われています。

レーシック手術のあとでドライアイで目が乾きやすくなったり、
ハロ・グレアといった光の見え方に変化がおきる症例も、極少数ですが確認されています。

その他に、可能性として、レーシック手術を行ったにもかかわらず、視力がまた悪くなったりということも考えられます。
そこで、多くのクリニックではレーシック手術に対しての再手術保証を設けているところが多いようです。

万が一、手術後の効果がなかった場合などは、一定期間無料で再手術をしてくれるところが大半です。
しかし、その際に確認しておかなければならない点は、目の角膜が手術に必要な厚さが残っているかどうかということです。

角膜の厚さが、再手術をするにあたって適正でない場合は、再手術を行うことができませんので注意が必要です。

Copyright(C) 2013 安全な手術 All Rights Reserved.