視力の回復

レーシックの仕組みを知ろう

医療は、一般の人が考えるよりもはるかに早い速度で進化しています。
日々めざましい勢いで新しい技術が生まれ、私たちの健康をささえるための土台作りをしてくれています。

そんな最新の医療技術のひとつであるレーシックは、視力回復の切り札として数年前にアメリカから日本に渡ってきました

レーシックはもともとアメリカで1995年に認可されました。
その後日本では、2000年に正式に医療行為として認められるようになりました。
しかし、この認可の対象は医療行為自体よりもレーシックを行うために使用する機器の使用許可の方が意味合いとしては大きいとされています。

レーシック手術で用いる機器はエキシマレーザーというものです。
このエキシマレーザーを使って目の中にある角膜に対して直接手術を行い、その屈折率を正しいところまで矯正します。
結果、視力が回復するものだということが一般的なレーシックの解釈です。

屈折率を矯正するというと、なかなかイメージしづらいと思います。
簡単に説明すると、目の中にある角膜をエキシマレーザーを使ってその形を変え視力を矯正するというものです。
http://www.garagecanada.com/8.htmlにかいてあるのですが、この手術は近視や遠視だけでなく、老眼にも効果があるようです。

このレーシックを検討している場合には、得られるメリットと同時にそのリスクについても理解することが非常に大切です。

Copyright(C) 2013 安全な手術 All Rights Reserved.