視力の回復

信頼できる医師と病院の見分け方

最近、あちらこちらで名前やその評判を耳にする機会が増えたレーシックです。
近年は有名タレントやスポーツ選手に中にもレーシック手術を受けたことを公表している人まで現れました。
その影響もあり、ますますレーシックに対する垣根が取り払われてきたように感じます。

そんな、人気を集めてきたレーシック手術ですが、
いくら話題になっているとはいえ自分の大切な目に専用の機器をつかって手術をしてもらうわけです。
どこの病院で受けても変わらないという感覚の人はいないと思います。

レーシックは非常に高い視力回復率を誇りますが、まだ日本に来て日が浅い技術です。
現状としては、レーシックの専門家の数は決して多いとはいえない状況と言われています。

せっかく手術を受けるのであれば、信頼できる医師や病院を選びたいと思うのが多くの人の心情ではないでしょうか?

では、レーシック手術を受けるに当たり、手術をしてもらう医師や病院を選ぶポイントを確認しましょう。
レーシック手術をしてもらうときに非常に重要なポイントは、レーシック専門の経験や知識があるかどうかをしっかり確認することです。

現時点での日本の医療ルールでは、レーシックを行う場合、医師免許さえあればどんな医者でも手術が許可されています。
しかし、レーシックをしてもらう病院に日本眼科学会認定の専門医がいるかどうかという点が重要なひとつの判断指標になります。
こちらでレーシック手術後の気を付けたい健康被害や後遺症も確認しておいてください。

▼こちらにも病院選びのポイントがかいてあります。


http://www.qthreads.com/s16.htmlには手術を受けて10年経過している体験者の方の声が載っています。
とても参考になると思いますのでご覧ください。

Copyright(C) 2013 安全な手術 All Rights Reserved.