視力の回復

レーシックを行えば視力が下がることはないの?

現代では多くの人が視力低下に悩まされていることが、街を歩けばどこもかしこもメガネをかけた人を見かけることからでも分かります。
このように現代人の象徴として「メガネ」が言い表されることもあるぐらい、メガネは多くの人が愛用するアイテムになりました。

メガネと同じくらい利用者がいる視力矯正アイテムとして有名なものに、コンタクトレンズがあります。
コンタクトレンズもメガネの利用者人口に引けをとらないほど多くの愛用者が存在しています。

また、最近は目の角膜に直接手術を行い視力を回復させるレーシック手術が大きな話題を呼んでいます。
このレーシック手術を受けるに当たって、多くの人の関心は「一度回復した視力がまた下がることはないのだろうか?」ということと言えます。

レーシック手術は実に即効性の高い手術としても知られています。
術後早い人では、数時間後に視力回復の実感が得られるといわれています。

では、その視力は未来永劫続くのかというと、そうでもないらしいのです。

レーシック手術のあとで人によっては視力が急激に下がることがあり、これを「リグレッション」と呼んでいます。

また、レーシックによって老眼になることは防ぐことはできません。
そういった意味ではレーシックは完璧ではないといえるでしょう。
レーシック手術後の副作用についてはこちら。


Copyright(C) 2013 安全な手術 All Rights Reserved.