視力の回復

レーシックの手法にはどんなものがある?

有名タレントや有名スポーツ選手が受けていることでもすっかり市民権を得たように感じるレーシックです。
一口にレーシックといってもその手法にはいくつか種類があることを知っていましたか?

一般的に「レーシック」と呼ばれているスタンダードな手術は、
2000年に日本でも使用することが許可されたエキシマレーザーを用いるものです。
エキシマレーザーで角膜の形状を変え、視力を回復させる手法です。
どのような方法で行うのかさらに詳しくはhttp://www.hodesforcongress.com/excimer.htmlをご覧ください。

そのほかにも、イントラレースという特殊な器具を使用して手術を行う「イントラレーシック」という手法や、
通常のレーシックと同じエキシマレーザー を使うのですが、その前に角膜の皮を加工してから行う「PRK」という手法もよく知られています。

また、フラップという上フタを薄くして手術を行う「エピレーシック」という手法や、
特殊なコンタクトレンズを使って角膜にくせづけをする「オルソケラロジー」という手法もあります。

通常のレーシックと比較されることの多い「iLasik」というものはさらに高性能の屈折調整ができる手法です。
また角膜の内側に専用のレンズを埋め込む「フェイキックIOL」という手法も知られています。

細かい手法に関してはここに挙げた種類以外にも存在していますので、
どれが自分にあう手法か担当医師と綿密に相談をしてみることが大切です。
http://www.leqiys.com/13lasik.htmlには日本よりもレーシックが盛んな海外での現状についてかいてありますのでご覧ください。

Copyright(C) 2013 安全な手術 All Rights Reserved.