視力の回復

レーシックの適応検査とはどういうことをするの?

歴史をたどれば、レーシック手術は、アメリカの医療業界から日本にやってきた最新技術の視力回復方法です。
最近はレーシックを行っている病院やクリニックが、ずいぶんと増えてきたように感じます。

本格的に日本でもレーシックが行われるようになったのは、2000年です。
2000年に専用のレーザー機器が厚生労働省に認可され、
その後も専用機器さえあれば医師免許のみで行える手術のため、受け付けを開始した眼科やクリニックが急増しました。

近年は有名人や有名やスポーツ選手の多くがレーシック手術を受けて脅威的に視力を回復したということを公にした影響もあり、
一般の人の中にもレーシック手術のイメージが浸透してきたようです。

さて、そんな市民権を得てきたレーシック手術ですが、今日病院にいって
レーシック手術を希望すれば受けられるものなのでしょうか?

答えはNOです。

レーシック手術を受けるためには事前の適正検査を受ける必要があるのです。
そして、この検査で手術基準に満たない場合は、手術を受けることができません。

具体的な検査内容はクリニックごとに若干異なります。
通常は、一般的な視力検査に始まり角膜の厚さを測ったり、目のコンディションを見たりと様々なチェックを行います。
こちらには評判の良いレーシックの病院が紹介されていたり、病院を選ぶ際のポイントがまとめられていたりします。是非参考にしてください。

Copyright(C) 2013 安全な手術 All Rights Reserved.