視力の回復

手術にはどのくらいの時間がかかるの?

医療技術の進歩は、昔では考えられないようなことを現実にしてしまいます。
一般の人が想像もつかないようなことが可能になるということが実際に存在するのです。

今では、視力の悪い人にとってメガネやコンタクトレンズは必要不可欠なアイテムとして各々の日常生活を支えてくれています。
そういった補助アイテムがない暮らしを視力の悪い人の多くは想像もできないことだと思います。

そんな夢のようなことを現実にしてしまう方法がアメリカからやってきました。
「レーシック」という視力回復のための特殊な医療手術です。

レーシック手術のメリットは、何といっても、一度手術を行えば早い人で術後数時間もすれば飛躍的に視力が回復することです。
レーシック手術は高い即効性を誇り、裸眼での生活を現実のものにしてくれます。

手術を受けるためには角膜の状態がレーシック手術に適しているかの適正検査を受けます。
専門医師のチェックを通過すると、手術自体にかかる時間は長くても30分程度で終わります。
大掛かりな手術をイメージしていた人は肩透かしをくらうかもしれません。

また、30分という時間は手術をするための事前準備である麻酔などの時間も含まれます。
つまり、実際に角膜に手術を施す時間は数分間ほどしかかからないといわれているのです。

Copyright(C) 2013 安全な手術 All Rights Reserved.